読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中慎樹メモ

ネット広告、ビジネスモデル、ベンチャー、経営、日常について

遺伝子検査のMYCODEに申し込んでみた

DeNAさんがMYCODEという名前で先週から遺伝子検査サービスを3日前の8月12日に始められたので、申し込んでみました。

 MYCODE(マイコード) |これから先の健康のために自宅でできる遺伝子検査を

 

今年に入って遺伝子検査サービスは本格化してきていて、東京大学の博士課程の方々が作ったスタートアップ企業のGeneQuest (ジーンクエスト)さんが注目され、この7月でソフィアホールディングスさんにバイアウトされ(参照)、またYahoo!ヘルスケアでもGinelife Zero(ジーンライフ・ゼロ)が販売され大規模に広告もされてる。。。といったところ。

 

開始の翌日にサイトにアクセスして早速申し込んでみました。2日後の今朝にはもう、ゆうパックで届いた。早い。

 

f:id:mitsuki:20140815182927j:plain
 
せっかくだから、現状素人向けに開示出来る項目全部を知りたいと思い、メニューは”オールインワン(280+)”に。 この中に入ってる唾液採取キットを送り返したら、2-4週間以内にMYCODEのマイページ内で検査結果が見られるようになるというサービスです。
遺伝子検査を医療にそのまま結びつけることの危険性は既にメディアでも言われてます。(誤判定でも予防に使われるリスクとか。 例:がん・糖尿リスク、唾液遺伝子で解析 東大系が参入:朝日新聞デジタル) 病気は環境要因、生活習慣とも大いに関わっているでしょうから。
ただ、自分の身体について遺伝子のレベルで何かが分かるということが初めての体験でして、すごく面白そうですよね。2014年時点で分かることを記録しておこう、という意図もあります。
ゲームなどで稼ぎつつ、左脳に強いカルチャーをもつDeNAさんのことですから、検査結果をお知らせして貰えるだけじゃなくて、今後も何かサービス提供してくれるんじゃないかな。この手のサービス、どんな未来が開けてるんだろうか。楽しみ。