読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中慎樹メモ

ネット広告、ビジネスモデル、ベンチャー、経営、日常について

Francfranc運営会社のバルスがセブン&アイ・ホールディングスの出資を受入

このニュースを見て、今日の頭の体操。

サマリ

セブン&アイ・ホールディングスが「Francfranc」運営する株式会社バルスの株式49%を第三者割当増資などで50億円掛けて取得。バルスは2012年MBOによる上場廃止後、香港を本社においてアジア展開を狙ったが、方針転換を余儀なくされた模様。セブン&アイの巨大流通網を活かせれば弾みがつくがリブランディングに課題。セブン&アイ側のPMI能力も問われる。
以下詳細。


株式会社バルスについて

業績推移

Findings

  • 残念ながらMBOした時と比べて時価総額が2/3になった算定
  • 「MBOが2011年の震災後のタイミングで決定していることも踏まえると、国内で利益を創出できるうちにアジアへの展開に向けて勝負したが、芽が育つ感触が得られず。国内回帰を決定した」といったあたりか

改めて、国内で勝てるか

ブランド認識とその劣化

今回の資本・業務提携は劇薬
  • 成長にも衰退にも転び得る
    • セブン&アイの巨大流通網に乗せることで改めて売上向上の機会を探りたい
    • 一方、流通が進むことで中期的にブランド劣化が更に進む恐れも
      • バルス側はFrancfrancという柱1本しかないので死活問題
  • セブン&アイのPMI(Post Merger Integration)の力も問われる
    • ニッセン、バーニーズ、など、この半年の買収トラックがかなり多いので、セブン&アイ側が相当うまくやり、バルス側もうまく這い上がっていかないと、停滞するかも
    • 2014年4月の消費税増税ショックを越えて景気の良さが継続するならば強力な追い風。PMIを試行錯誤する時間が稼げる