読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中慎樹メモ

ネット広告、ビジネスモデル、ベンチャー、経営、日常について

自転車通勤及び、自転車で取引先にお伺いしているという話

環境を意識したライフスタイルや企業活動が奨励されているご時世柄か、創業時より自転車通勤を推奨しているはてなにも取材のお問い合わせが改めて増えているようです。(参考リンク:はてな代表近藤が自転車通勤について書いたブログ記事
中目黒にあるはてなの東京オフィスでは僕が自転車を活用することに積極的なのでこちらでも少し紹介しておきます。

経緯やメリットなど

もともと自転車に乗ることが好きだということもありますが、オフィスワークで体力が落ちているという危機感から始めました。特に春になってからは自宅とオフィスの往復だけでなく、オフィスから取引先にも自転車でお伺いするようにしています。媒体広告営業という職種で自転車で回っている人はまだまだ珍しいと思います。

片道3〜10kmを10分〜40分ぐらいかけてお伺いするケースが殆ど。行き先は広告会社の集まっている千代田区・中央区・港区(東京駅〜新橋〜赤坂〜六本木あたり)が多いです。自分なりのルールとしては、雨が降っておらず、打ち合わせが東京23区内で行われ、はてな側の出席は自分一人である場合、全て自転車を使うつもりでいます。

# ただ、先月江戸川区の会社に初めてお伺いしたときは、さすがに中目黒からは遠いので電車を使いました。。。


メリットとしては健康増進のほか、地下鉄等でお伺いするよりも速いことが多かったり、所要時間の計算をたてやすいといったことを実感していました。今はむしろ気持ちに良い影響を与えられてると感じることが大きいです。自転車はとても自分に馴染んでいて、他人や他のモノに動かされているのではなく、自分の力で目的地に向かっていると実感できます。誰しも、可能な範囲で職業生活を自律して送りたいと考えていると思いますが、自分としては打ち合わせへの交通手段も自律した気分になれるものを選びたがっている、ということなんでしょう。

よくお尋ねいただくこと

Q. 打ち合わせしている間に雨が降り始めたらどうするの?

A. あまり無理せず、そもそも雨の予報があれば自転車は使いません。(Yahoo!天気予報が結構あたるので参考にしています。)夏の夕立などは雨が止むまで近くのコーヒーショップなどで仕事をします。アメッシュで降水の様子をチェックして、30分ぐらい雨が止みそうだと判断したらその間に帰ります。30分間ほどであれば結構止むものです。
 リアルタイム雨量レーダー、東京アメッシュ。便利ですね。

Q. 汗対策はどうしてる?特別なグッズがあるの?

ノータイのジャケット姿ですと通気性があって汗をかきにくいです。普通のパウダーシートやコロンを使うぐらいです。これが夏場になると...何を着てても汗をかきますから難しいですね。シャツやジャケットは鞄に畳んで、Tシャツ姿で走ってから打ち合わせのビルの近くでシャツなどを着ることになると思います。
なお、マルイなどで自転車乗り用スーツが売られている模様(参考:自転車ブログ:1 WORLD 2 WHEELS » 続々オープン、ローテイトストア!)。今度チェックしてみようと思います。


取引先の皆さまにおかれましては、私が打ち合わせの開始時に妙に汗をかいている場合でも「ああ、自転車で来たんだな」と気になさらずにいていただければと思います。




(夕暮れ時、六本木交差点の写真)